お水の質

ウォーターサーバーと水道水との違いは?成分は?【何が違うの?】

どうして水道水ではだめなの?
最近のウォーターサーバー契約数の伸び率を見ても分かる通り、「飲料水」として水道水以外の選択肢を取られている方がかなりの割合を占めるようになってきました。

ではなぜ「水道水」がいけないのでしょうか?結論から言えば「水道水がダメ」と言うわけではありません。

水道水を飲まない…と言う人に理由を聞くとほとんど方が『臭くて不味いから』と言う理由で特に重大な問題があるわけではないようなのですね。

ただ水道水の場合は水道管の劣化も心配ですし、塩素の混入は必要であるとわかっていても長年取り続ける影響を考えると不安になります。

地域によって水源も異なり、水質も変わってくるでしょう。

地方に行けばまだまだ水道水でも飲める地域はありますが、都市部の水の不味さは限界を超えています。

そのうえ水道水の安全神話が崩れてきているのも事実で、特に東日本大震災以降は関東を中心に放射線物質の影響が囁かれそれを期にウォーターサーバーの利用に切り替えられた方も多くいらっしゃいます。

さらには群馬県で起こった「病原性原虫が水道水から検出された」…と言う事件はますます水道水に対する危機感を募らせる結果になってしまいました。

一度こういう事件が発覚すると『他にもあるのでは…』と疑ってしまうのもムリありませんよね。

特に赤ちゃんや妊婦さんがいるご家庭にとっては安全性に疑問を感じる水道水よりも安全で美味しいミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を飲ませたい…と考えるのは当然の結果ではないでしょうか。

当サイトの一番人気はこちら
コスモウォーター