お水の質

ウォーターサーバーはどっちがいい?RO水or天然水?【身体にいいのは?】

天然水とRO水どちらにも良いところがありますし、そして悪いところもあります。

どっちが上とか下ではなく「自分にとって使いやすい方」を使うのが結局一番良いのですね。

そのためには天然水・RO水ともにどんな特徴があるのか、どんな用途に向いているのかをしっかりと把握しておく必要があると思います。

天然水・RO水の良さを生かすも殺すもまさに使い方次第…。

それぞれの水の特徴を分かった上でその水にあった使い方で選ぶようにすると良いでしょう。

天然水の特徴

天然水とはそれぞれの採水地で湧き出している原水をボトルに充填した水の事で、加熱処理やろ過処理など一切の処理を行っていないものを「非加熱天然水」、また原水に含まれるミネラル分などを損なわないよう最低限の処理(ろ過や加熱殺菌)を行った水を「(加熱・ろ過処理)天然水」と呼んでいます。

天然水の良さは何と言っても自然にわき出ている原水そのままの水を味わえること。

採水地によってミネラル分や含有量、また味そのものも違ってくるので「水そのものの味を楽しみたい」と言う方にオススメです。

RO水の特徴

RO水とは水道水などの水をNASAが開発した「RO膜と」言う特殊なフィルターに通すことで不純物を極限にまで取り除いた状態の水を指しています。

RO膜を通した水は限りなく純水に近いため浸透性が高く、また味にも全く癖がないためご飯を炊くとふっくら炊きあがり、お料理にも最適であると言われています。

またミネラルを含まないピュアウォーターはミルクの栄養素を壊さないので赤ちゃんのミルク作りにもぴったりなのですね。

通常はRO膜でろ過した後、ミネラル成分を人工的に付け加えること多くこれらの水は「ミネラルウォーター」として一般的にも良く知られています。

結論

ミネラル分豊富で採水地によって味わいの違う天然水は「そのままの水の美味しさを楽しみたい方」にオススメ。

お料理や炊飯など飲料水以外にも活用したい…と言う方であればRO水の方を選択するのがイイでしょう。

当サイトの一番人気はこちら
コスモウォーター