お水の質

ウォーターサーバーは空気が入ると駄目?その理由は?【衛生面は?】

ウォーターサーバーには数多くの種類やデザインがありますが、その中でも人気を集めているのが「ボトル内部に空気が入らない」タイプのサーバーです。

以前はウォーターサーバーと言えばガロンボトルタイプのサーバーが主流で、このサーバーの構造では「ボトル内部に空気を送り込むことで中の水が外へ落ちる」ため水を使用するたびにボトル内部に空気が送り込まれていたのですね。

水を入れると水ボトルの中でボコボコと空気が入っているのを見たことがあるのではないでしょうか?

ただこの方式だと外気中の雑菌やウイルス、カビ胞子がそのまま水ボトル及びウォーターサーバーの内部に取り込まれてしまうので衛生的に問題になってしまうケースが多々あり、特に除菌システムを持たない水タンクの中は雑菌やウイルス、カビにとって増殖しやすい恰好の場所でもあるので、短期間であってもあっという間に細菌たちの温床となってしまっていたのです。

そこで登場したのが「空気がボトル内部に入らないサーバー」です。

このタイプのサーバーは空気を送り込まなくても水が出てくるためタンク内は常に衛生的。

また水が減っていくと同時にボトル容器そのものが小さく収縮していくので限りなく空気と水とが触れ合わないように作られているのです。

つまり水ボトル内部には空気中の雑菌やウイルス、カビ胞子などが取り込まれず最後の一滴までクリーンな状態をキープすることが出来るのですね。

またこのタイプのサーバーは汚れた空気がサーバー内に取り込まれないため内部も汚れず定期的な内部メンテナンスの必要も全くないのです。

まさに一石二鳥!!水の鮮度にこだわり、衛生面にこだわり、お手入れの手軽さを考えるなら空気の入らない「無菌エアレスタイプのサーバー」を選択する事をオススメします。

当サイトの一番人気はこちら
コスモウォーター