気になるポイント

ウォーターサーバーのカビ対策は?【掃除した方がいいの?】

ウォーターサーバーにカビが生える事があるって本当?
これは残念ながら本当です。

特にカビが生えやいすいと言われているのが「ボトル差込口」。

ここは水ボトルをさかさまにしてサーバーに取り付ける部位になるのですが、常に水に触れてしまう場所になるためサーバー自体の改良を重ねてもどうしてもカビが発生しやすい場所になってしまうのですね。

そのためウォーターサーバーは自分自身での定期的な掃除が絶対的に必要になります。

特にガロンタイプのサーバーは構造上、使い捨てボトルのサーバーよりもカビが生えやすい傾向にあるので、マメなお掃除が必須!出来ればボトル交換時ごとに清潔な乾いた布やキッチンペーパーで水分を拭き取り、しっかり乾かした後アルコールスプレーなどで除菌を行うようにしたほうが良いでしょう。

またボトルの差込口以外にも、例えば水の受け皿なども掃除せずに放っておくとカビが発生してしまうためこまめなお掃除が必要になります。

定期的に掃除を行うのは確かに面倒ではありますが安全に利用するためには欠かせない手順なのでしっかりマニュアル通りに頑張ってください。

ちなみに外からでは見えない内部の汚れについては、必要に合わせて業者がメンテナンスを行ってくれます。

メンテナンス方法は古いサーバーと新しいサーバーを「まるごと取り替える」方法になるので、特に衛生面での心配はしなくても大丈夫です。

カビは見た目には生えているように見えなくても実は目に見えない状態で生えていることもあるので、見た目がきれいだからと言って油断せず、定期的に掃除するように心がけてくださいね。

当サイトの一番人気はこちら
コスモウォーター