気になるポイント

ウォーターサーバーのボトル重い?一人でも運べる?【女性は無理?】

ウォーターボトルの水の容量は基本12リットル。

業者によって多いところ・少ないところはありますがほとんどのウォーターサーバーでは12リットル入りが基本になっています。

水が12リットルですから重量で言えば12キロ、ガロンボトルの場合は水の重さに加えてボトルの重さも加わってくるので13キロ程度、つまりサーバーのボトルを交換する際には12キロ~13キロ程のボトルを持ち運びしなくてはいけないと言うことなのですね。

さらに言えば従来的なウォーターサーバーの場合、水を設置するのが「サーバーの上部」に設定されているので、取り付ける際にはボトルを持ち上げて「サーバーの差込口」に垂直にセットしなければならないのです。

これを「重くて大変」と思うのか、「普通」と思うのか、また「全然大丈夫」と思うのかは扱う人によっても変わってくると思いますが、女性の方であればほとんどの方が「大変である」と感じるのではないでしょうか。

そのため我が家を含め、私の友人宅でもウォーターサーバーのボトル入れ替えは「男性の仕事になっている」という所が多いです(笑)ただ最近はこういった水ボトルの交換の負担を軽減する意味もあってか、水ボトルをセットする場所が下の方についているサーバーも多くなっているのですね。

水をセットする場所が足元の方にあればわざわざボトルを担ぎ上げる必要もないですし、取り付け作業も非常にラク。

これなら腕力にあまり自信のない女性の方でも負担にならず簡単に取り付けることが出来ると思いますよ。

当サイトの一番人気はこちら
コスモウォーター